ステロイドにだけ頼ってはイケない!?

ステロイド減らし方

 

ステロイドにだけ頼ってはイケない

 

ステロイド薬は一時的な改善手段

 

原因を中和するものではない!


 

 

私が通う皮膚科医の先生は『ステロイドにだけ頼ってはイケない』と説明されます。

 

ステロイド薬は一時的な改善手段でしかなく、原因を中和するものではない!と断言するのです。

 

ハぁ!?

 

正直に皮膚科の選択を間違えた…と、戸惑いました。

 

でも逆に、はっきりと回答を出してくれる医師に出会えたのも初めてでした。

 

今までの皮膚科で受けた説明は『これは強い薬です。患部意外には塗らないでください』ぐらいの説明だけでステロイドの常習性や危険性については教えて頂けませんでした。

 

ステロイドを減らすのが目的ではなく、症状を完治することが目的だよ。

 

この一言に勇気づけられ、今でも感謝をしています。

 

 

このことがキッカケでステロイド薬は一時的な改善手段と冒頭におき、脱ステロイドでは無くアトピーの完治を目指すことに決めました。

 

ステロイド薬を止めることは長年使用してきた私には、リスクも大きくステロイドのリバンドが大きいと説明を受け徐々に減らしていく方法を選択しました。

 

 

ステロイドを急に止めることにメリットなし

 

ステロイド減らすペース

 

ステロイドの使用期間が長ければ長いほど、脱ステロイドしたときのリバウンドは大きくなります。

 

痒みや腫れ、発疹に耐えられる人はすごく心の強い方だと思います。私自身も勝手な判断で脱ステを経験したことがあり、想像以上のリバンドに心が折れ挫折した経験があります。

 

その時、家族に『そこまでしてステロイドをやめなくても…』と周りにまで迷惑をかけている自分に情けなさと悲しさで、皮膚だけでなく心にまで傷を負ったのを覚えています。

 

ステロイドを急に止めてしまうことは、長年ステロイドを使用してきた方にはメリットはない。あるのは苦痛だけだと思います。

 

それよりも体に負担のかからないステロイドを減らす方法さえすれば、リバンドもなく挫折せずにステロイドを減らせるのだと気づきました。

 

 

ステロイド薬の上手な減らし方&減らすペース

 

基本となるペースは、非ステロイドのかゆみ止めと炎症止めを混合した薬を使います。痒みや腫れがでる場合は以前のステロイドを使いますが、使用頻度を徐々に下げていきます。

 

急にステロイドの頻度を下げるのではなく、少しずつで大丈夫です。

 

次にステロイドの強さを少しづつ、弱めていきます。

 

少しずつ弱めのステロイドで痒みや腫れが治まるようになれば、効果はでてきています。

 

ですが、ステロイドを減らすことに成功してもアトピーが完全に完治したことにはなりません。

 

ここで、皮膚科の先生からの忠告が2つありました。

 

アレルギー検査を受け徹底的にアレルギー反応を起こすものを避けること!

 

体質の改善を心掛けること!

 

ステロイドに頼らない体を作ることが、ステロイドを減らす一番の近道!

 

 

アレルギー検査でアレルゲンを知ること

 

自分自身がどんなアレルゲンをもっているのか知ることは、すごく重要なことです。

 

アレルギー検査を受けた事のある人は少しずつ増えていますが、まだまだ少ないのが現実。

 

ステロイド減らし方 アレルギー検査

 

保険料3割負担(初診)の方で全セット項目(36品)6,000円前後

 

この他にも追加や削減は相談に応じて頂けます。

 

1項目167円ほどかかる計算になります。

 

もちろん病院によって料金は異なりますので問い合わせしてみてくださいね。

 

食物アレルギー検査の血液検査の場合、採血をするだけなので検査は短時間で終わります。検査結果は4〜5日で分かり、結果は書類に細かく記載されています。

 

ぜひアレルギー検査を受けてください。それだけでアレルギーと戦う戦力になります。

 

 

今までの生活とは違う体質の改善

 

ステロイド減らし方 体質改善

 

体質の改善にはいろいろな要因があります。ジャンクフードを控えるなど食生活の見直し、睡眠不足を控え生活リズムを整える、カビやほこりを吸込まない生活環境、ストレスを溜めない人間関係など簡単には改善できないものばかりです。

 

さすがに一度に全てを見直すことはできない私は、まず食生活から改善することに決めました。

 

食生活といってもフードマイスターの資格を持ってるわけもない私には、毎日メニューを考えて作ることもですが思ってる以上にお金がかかるので続かない。

 

刺激物やジャンクフードなど控えるだけでいいものは簡単ですが、栄養のバランスや食物アレルギーを除きながらのレシピは意外に難しい。

 

まず刺激物やジャンクフードなどを控え、食物アレルギーを除く食生活に切り替えました。この手法が見事にはまりアトピーが確実に解消されるようになったんです。

 

今まで原因のわからない痒みや腫れ、赤みは極端に減り、多くの食物アレルギーが影響していたことに驚きました。

 

このころから自然とステロイドをほぼ使わなくてもいい体に回復するようになっていました。体に変化があると『やっていることに間違いない』と自信が出てくるようになり勇気がわいてきます。

 

それと同時期にステロイドを再度使う怖さがでるようになりました。急な痒みが出た場合、ステロイドを再度使用することに怖さを感じ悪化させる事も…

 

ステロイドにかわる痒みや腫れを抑える薬はないのかと探すようになりました。

 

副作用がなく、子供にも服用できる成分、なおかつ効果のあるもの!

 

そんな都合のいい話あるわけないとあきらめていました…

 

皮膚科の待合室で私と同じアトピーに悩む友人に医師が推奨するサプリメント『アレルファイン・ゼロ』を試してる最中だと聞き、どんなものなのか気になり調べてみることにしました。

 

アトケアプロの口コミ

ステロイドの減らし方まとめ

ステロイドを減らすペースには個人差は付きものですが、急にステロイドを止めることのないように体の負担が少ない方法からはじめましょう。

 

いくらステロイドを減らしても、根本的な解決策にはならないことを理解しアレルギー検査や生活習慣の見直しを一歩づつ進めていきましょう。

 

同じ悩みを抱えている方が、少しでも解消できることを信じて情報を発信しつづけていきます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。